忍者ブログ

Buyer's Choice

~ボードゲーム編~

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ランカスター

Lancaster-box.jpg
ランカスター

  2~5人用 10歳以上 所要時間約60分

  各プレイヤーは領主となり、強力な騎士団を形成し、その士 団をうまくイングランドの各地や自分の城、フランスとの戦争に投入していきます。議会では貴族達の協力を得ながら、自分の有利になる法律を作っていきます。最も多くの権力ポイントを獲得したプレイヤーが勝者となります
 


1時間程度でじっくり遊べるタイプを探して見つけたゲーム、ポイントは2人用のルールがあることです。
2~5人用となっていますが、2人の時は2人専用のボードが追加となり3~5人の時とは若干プレイ感も違ってきます。

このゲーム手順はとても簡単、全5ラウンドで各ラウンドは以下の3フェーズに分かれている
  1. 騎士の配置
  2. 議会
  3. 収益

たったのこれだけ、細かい事が嫌いなうちの奥さんも、なんか簡単そうだね^^ と好感触

IMG_1128.jpg













騎士を配置できるのは「地方」 「城」 「戦闘」の3箇所でそれぞれメリットがある。
特に上の画像の「地方」に騎士を配置すると、配置した箇所によって騎士のレベルがあがったり
城を建築できたり、権力ポイントを稼げたりと色々な効果がある。
フランス軍との「戦闘」に配置すると権力ポイントを稼げたり、王の恩恵が貰える。

この配置フェーズの時に面白いのが、先に配置したプレイヤーの騎士を後から、レベルの高い
騎士で押し出す事が出来るルールである。これによって先手が絶対有利ということも無く、
押し出したり、押し出されたりの駆け引きが出てくる。

IMG_1126.jpg













こちらが自分の専用ボードと、2人用の同盟ボード。2人プレイでは同盟国をうまく利用しての
貴族の取り合いが熱い!
ボードの上の方に貴族を迎える円卓があるが、これが全部うまると最後に36点貰える。
これは何人プレイでも一緒だと思うが、最後は貴族の得点が大きく勝敗に響くので、1人に独占
させてはいけないのだ。


IMG_1127.jpg













そして騎士の配置が終わると、このゲームのポイントの一つ議会フェーズ。
上が現在有効な法律で、下が投票される法律である。すべてのプレイヤーは賛成か反対かの
投票タイルを持ち、順番に投票していくのである。出来れば自分の有利な法律は可決させたいが
一人だけ特をする法律は全員で潰しにきたりする。この時に貴族を多く円卓に迎えていると
投票コマを使う事ができるため、投票を有利に進められる。

PR

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

最新コメント

[11/11 TK氏]
[10/24 UG]
[09/05 UG]
[05/23 UG]
[05/14 UG]

最新トラックバック

カウンター

プロフィール

HN:
E・J
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1975/06/21

バーコード

Copyright © Buyer's Choice : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]